スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死にたがりの赤ずきんと気の長い狼の迂遠な関係-ヨン

『ヨン。』

 まさか、突然裸にさせられ、身体を見られるとは思ってもみなかった。
 質問責めは我慢できたけど、流石に飛びすぎだ。
 そもそも、僕はこんなカラダだから、人に肌をみられることに慣れていない。傷跡だらけの肌なんて、晒す方にとっても見る方にとっても、決して気持ちのいいものではないのだ。温泉や銭湯なんて絶対に行かないし、プールや海に行こうなんて、まったく考えたこともない。水泳の授業だって、自慢じゃないけど一度として参加したことはないんだ。
 そんな僕が、パンツまで脱がされて、身体の隅々まで至近で観察された。あんなに切実な『自』殺意を感じたのは久々だ。(衝動的に身体へ刃物を突き立てることはよくあるけど、それは無意識だ)僕は今更ながらに、めらめらと反感が燃え上がるのを感じていた。
 ……しかし、それは実に虚しい、内弁慶的な感情でしかない。彼女を前にすれば、塩をかけられた菜っ葉のように、しおしおと萎んでしまうに違いないのだ。
 僕は彼女が怖い。
 怖い一方で、惹かれてもいる。
 こんな感覚は初めてだ。だからこれがどんな感情なのか、それはさっぱりわからない。ひとつわかっているのは、彼女が見ていようといまいと、その言うことに逆らうことは決してできないだろう、ということ。
 佐宮間が空を飛べと言えば僕は飛ぶだろうし、男に性別を変えろと言われても諾々として従うに違いない。まあ、それら二つは簡単だけど。飛び降り自殺と手術ですむ話だから。実際に今言われていることに比べたら、それこそ朝飯前どころか起床前。片手間どころか小指一本で片付けられる。
 彼女の命令はこうだ。
『太るまで死ぬな』
 今までこんな滑稽な理由で死を禁じられた人間が、僕以外にいるものだろうか?
 まったく、こういうことを言い出すから、彼女は素敵なんだ。まるでおとぎ話の魔女みたい。
 しかし面白がってもいられない。この命令の困難さといったら、睡眠薬も棍棒もない状態でコングを飛行機に載せる方がずっとマシなくらいだ。
 無意識で死のうとしている僕は、別に死にたいわけじゃない。ただ、気付いたら死のうとしてるから厄介なんだ。諦めのついた今だけど、彼女が死ぬなというのであれば、僕はずっと気を張って死なないよう心がけなくてはいけない。それはすごく疲れる。一日でも早く彼女の基準を満たし、解放されたい。
 ……あれ、なんだかまるで、死にたがってるみたいだ。
 そう言えば、死ぬのは仕方がないとは思っていたけれど、誰かのために死ぬなんて、彼女に出会うまでは考えたこともなかった。案外、その日が楽しみなのかもしれない。彼女に望まれて、笑顔を見ながら死ぬのは、一人で衝動的に死んでしまうより、きっと気持ちがいいだろう。
 僕は決めた。佐宮間との生活を始めることを。
 終わり方の決まりきった、僕たちの未来。
 日々終わりに向かって駆けていく焦燥感は、きっと心地が良いだろう。初めて自分から、生きてみたいと思った。


スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

死にたがりの赤ずきんと気の長い狼の迂遠な関係-サン

『サン。』

 身長は小学生並で、やや赤みがかった琥珀色の髪をボーイッシュな短髪に切りそろえ、大きな目をぼーっと開いて、どこか遠くを見つめている。三橋亜留は、そんな少女だった。
 集団行動が苦手なのだろうということは、すぐにわかった。誘われればそこそこについていくし、人から頼まれたことを、表面上は快く引き受けてやる。しかし、三橋亜留が自分から何かを提案するということは、ないようだった。どれもこれも、誘われたからやる。喜んで、もしくは自分から進んでなにかをやるということはない。見た目はともかく、その性格から、彼女はまったく目立たない存在だった。
 しかし、三橋亜留はある日を境に一斉に好奇の目を向けられることになった。
 その日は、衣替えの日だった。当然、私は夏服に変えて登校したし、他の生徒も同様。そんな中、三橋亜留だけが冬服を着用したままで、しかもこれまで通り、タートルネックのインナーと黒いタイツを着用していた。
 時期はもう六月。張り付くような不快な湿気と、上がり調子の気温のせいで汗が止まらないというのに、彼女は何故ああも完全防寒のままなのか。
 周囲の人間から好奇の目を向けられても、三橋亜留は頑なに冬服を変えない。別段校則に違反しているわけではなく、教師は黙認していた。そして、何かいわれるたびに、昔事故で負った傷があるから、と彼女は言い訳する。やがて周囲は何も言えなくなり、彼女の特異な服装は、冬服となるまでの間、アンタッチャブルな不協和音となるのだろうと思われた。
 そんなある日、私は屋上から飛び降りようとする彼女を見つけた。ヒステリックなところもなく、むしろ死のうとする行為に陶酔すらしているかのような、上気した表情。
 自殺を止めてやる筋合いはなかったが、その表情に私は惹かれた。正確には、食指が動いた。
 話しかけると、彼女の顔からは一気に陶酔が抜けていき、普段通りの茫洋とした表情に変わってしまった。
 残念。一瞬そうは思ったが、好都合だと思い直した。
 ここで死なれては、目立ちすぎる。
 私は彼女に、矢継ぎ早に質問を浴びせかけた。彼女なら、三橋亜留なら私の欲求を満たしてくれる。わけもなく、そんな確信があった。知りたい。知らなければ。私は使命感にも似た衝動に突き動かされ、思いつく限りの質問をした。
 三橋亜留の方でも、私へ格別の興味を抱いてくれたらしい。自殺を止める人間がいても、まさか薦めた挙げ句にその死体を食わせろと言い出した人間は、ほかにはいないだろう。
 私は、本気だ。
 食えるなら誰の肉でも良い。ただ、後腐れがあるのは駄目だ。だから自分で殺して食べるなんて以ての外である。本気で自殺を考えている人間が好ましい。
 自殺志願者を見つけたとにても、制約はいくつもついて回る。誰にも死んだとしられないこととか、食べる部分がちゃんとのこっていることとか。
 今のところ、理想的な死に方は失血死だ。死体の損壊は少なく、余計な成分が混ざることがない。その上血抜きまでしてくれる。
 そういう意味では、三橋亜留との邂逅は、私にとって天の導きだった。彼女は何故か、血を流して死ぬことにこだわりを持っている。私が捕まえたときは屋上から飛び降りようとしていたが、そんなことは滅多になく、ほとんどが刃物による試みなのだという。
 まったくもって、お誂え向きなのだ。
 その翌日、私は三橋亜留を自宅に誘った。
 一軒家だが、私の他には誰も住んでいない。週に一度、開業医の伯父夫婦が泊まりにきてくれるが、それ以外は一人暮らし。
 だから、連れ込むのには好都合だった。
 私は常に彼女を質問責めにした。食事の準備をしているときも、食事を振る舞っているときも。彼女はうんざりとした表情を浮かべながらも、ひとつひとつ丁寧に答えてくれた。
 だが、たりない。質問だけでは足りないのだ。
 裸を見たい。
 そう私が言ったとき、三橋亜留ら驚くより慌てるより、怯えたようだった。
 言い方を間違えたのだろうと思い、
「あなたの身体を知りたい」
 といったら、顔は一層青くなった。
 私は同性愛者ではない。性的な興味で言っているーけではないのだが、どうも、そう勘違いされたらしかった。
「ぼ、僕の起伏のない身体を触っても、お、面白くないと思う……」
 声は震えていたが、何故か逃げ出そうとはしない。
「気にしないで。食べるのに良さそうな所を見繕うだけだから」
 彼女の琥珀色の瞳を覗き込みながら、脱ぎなさいと命令をする。彼女は青い顔のまま、自分の制服に手をかけた。
 脱ぎ終えた彼女の、白い柔肌に無数の傷跡を刻んだ肉体を見て、私は正直落胆した。傷跡は別にどうでも良いが、欠食児童を想起させるような、痩せた身体だったのだ。
「このままじゃ、死なせられないわね……」
 今死なれても、食べる場所がない。
「ご飯ちゃんと食べてる?」
「た、たまに……」
 目を泳がせながら、三橋亜留は答えた。
 無理もない。彼女の家庭は片親で、現在父親と二人暮らし。その父親も、仕事で滅多に家に戻らないのだという。ずぼらな三橋亜留がちゃんと食事を取らないのは、ある意味自然なのかもしれない。
「……となると、仕方がないか」
 私は前屈みになって身体の全面を隠そうとする三橋亜留に向き直った。
「ご飯の用意、してあげるから。ここに住みなさい」
「え、ええ!?」
「私が手ずから食事を与えて、世話をしてあげる。その代わり、ある程度の肉がつくまで、死ぬことは許さない」
「で、でも」
「でもじゃないわ。あなたが今死んだとして、私にどこを食べろというの?」
「う……」
「明後日までにあなたのお父様を説得してきて」
「は、はい……」
 瞳を見て命令すると、三橋亜留は不安げに頷いた。
 それから、やや間を空けて。彼女に食べさせる食事の献立を考えていた私に、
「あ、あの、佐宮間さん……?」
 おずおずと三橋亜留は問いかけてきた。
「まだ何か?」
「その、そろそろ服、着てもいい?」
 そういえば、裸にさせていたのだった。いい加減、羞恥の限界だと言わんばかりに、彼女は目に涙を溜めている。
 私は好きになさいと投げかけて、再び献立の立案に没頭した。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

死にたがりの赤ずきんと気の長い狼の迂遠な関係―ニ




『ニ。』

「三橋亜留(ミハシアル)」
 僕がそう名乗ると、彼女は、
「佐宮間由岐(サクマユキ)」と応えた。
 僕は軽く驚いた。聞き覚えのある名前だったから。
「同じクラス?」
 朝礼で教師が名前を読み上げて、出席を取る。その中に当然僕の名前があるし、佐宮間由岐という名もあった。
「知らなかったの?」
 佐宮間はにやりと唇を歪め、不気味に笑った。寒気を覚えるような、妖怪じみた笑顔なのに、どことなく妖しい魅力を感じさせるのだから、美人はずるい。しかも、身長は高いし胸は大きいし。僕など今だに小学生と間違われるというのに。十五センチはあるんじゃなかろうか、身長差。
「人の顔、あんまり覚えられないから」
 悔しさを滲ませないよう感情を抑えながら、僕は呟いた。
 僕は高校入学と同時に県外から引っ越してきたクチで、知り合いはおらず、したがって知り合いの知り合いも、そのまた知り合いもいない。そうなると誰々の知り合い、というようなタグを着けて覚えるわけにはいかず、結構覚えづらい。よく話しかけてくれる人くらいは覚えておきたいものだけど、集団行動が苦手な僕にとっては負担の大きすぎる作業だ。
「もう七月なのに。イベントもあるし、そろそろ覚えておいた方がいいんじゃない?」
 そう言われても、めんどっちいものはめんどっちい。
「ま、おいおいね」
 当たり障りなく答えておく。覚える気はあるのだ、覚える気は。ただめんどっちいだけで。
 それから、僕は佐宮間から質問責めにされた。
 なぜ今の季節でも長袖で、タートルネックのインナーで、ストッキングを履いているのか、という至極もっともな疑問から始まり、身長体重スリーサイズ、中学時代の成績、趣味、家族構成、自殺未遂の遍歴と、聞かれたことにはとにかく答えさせられた。聞かれなかったことは、言わなかったけど。
 無論、黙秘する権利はあった。言いたくないことも。だけど、このガラス玉の瞳にみつめられると、僕は逆らえなくなって、口を開いてしまう。
 何故だろう?
 決まってる。僕は佐宮間が怖いんだ。自殺癖に慣れて以来、死んだら死んだでその時だと思い定めていたけれど、僕を、僕の死体を食らいたいという欲求をぶつけてきた彼女に、動物としての本能が恐怖を感じているのだ。
 でも、僕は逃げない。あのとき以来、少しばかりねじれてしまった僕の理性が、佐宮間に興味を持っている。死んだ僕の抜け殻を、彼女の食膳に供してやっても良いと本気で思っている。逃げ出してしまうのは、もったいなかった。
「何故こんなことを聞くの?」
 あらかた答え終えた後で、今度は僕が質問をした。たくさんたくさん、佐宮間の質問に答えてあげたのだ。一個くらい、質問しても許されるだろう。
「……そうね」
 佐宮間は答えに窮したらしかった。遠くの空を見て、僕を見て、また空に視線を戻した。
「昔ね、全然美味しくなかったんだけど、ずっと忘れられない味があったの。それをもう一度食べたくて、色んなものを、色んな食べ方で試してみたけど、どれも駄目。同じ味にならないの。だから、あのときと同じ気持ちになればもしかしてと思って。そのために、必要だったから」
「ふうん」
 わかったような、わからないような答えだ。
 なんと言葉を繋ぐべきか、思案している僕の腕を、佐宮間は掴んだ。そしてぐい、と顔を近づけ、
「もっと教えてね。あなたのこと、知らないことがないくらいに」
 くらくらするような微笑みを浮かべた。
 僕は頷くことしか、できなかった。


テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

死にたがりの赤ずきんと気の長い狼の迂遠な関係-イチ



『イチ。』

「死ぬときになったら教えてね」
 こうもはっきりと、お前が死ぬのが待ち遠しいと言われたのは初めてだ。
「出来るだけ、身体が欠損しない死に方で。あ、でも、お薬はやめてね」
 そして、死に方に注文をつけられたのも。

 フェンスの外側で、丸い白線で彩られた砂色の地面を眺めていたとき、彼女は現れた。
「死ぬの?」
 彼女は抑揚のない声を発しながら、止めようともせず、いつの間にかフェンスの内側から身を乗り出して、僕の横にいた。
「え、どうだろう」
 僕はそう返した。
 さっきまで死ぬテンションでうきうきしていたのは確かだ。でも、今はどうだろう?
「勿体ないね」
 彼女がこういったものだから、僕は少し落胆してしまった。まったく止めようともせず、自然に会話してたのに、勿体ないだなんて。束の間持てていた興味が、あっさり霧散してしまった。命を粗末にするな、と似た言葉は、もう聞き飽きている。
「悩み?」
 彼女の口元には微笑みがあった。でも、目は全然笑ってない。まるで人形のグラスアイ。ただそこにあって、人としての造形を保つために存在しているみたい。肌も不自然に白くて、顔も嫌に整っていて、長い黒髪なんて、まるで日本人形。背も高く、プロポーションだって良い。完璧だ。まるで誰かがそういう風にデザインしたんじゃないかと思えるくらいに。美人というには、あまりにも無機質で、不自然なヒトだ。
「いや、つい、癖で」
 でも、僕はその瞳に、嘘をつけなかった。
 自殺癖。僕はこの癖を、そう呼んでいる。時々さっきみたいに、やたらとテンションが上がって死のうとしたり、気がついたら腕にカッターが突き刺さっていたりする。
 今のところ直前で我に返ったり、周りに止められたりで、自傷癖に止まってはいるけれど、きっといつかは死ぬんだろう。病気ではなく、事故でもなく。このみょうちくりんな、僕だけの癖によって。
「癖か。じゃあ、死んじゃうね」
 驚きもせず、呆れもせず。彼女の声は、びっくりするほど清々しい。
「でも、勿体ないよ」
 二個のガラス玉が、僕を見つめている。
「こんなに白くて、柔らかくて、美味しそうなのに」
「あっ……」
 不意に冷たい指先が、僕のタートルネックのインナーから滑り込み、首筋をなぞりあげた。背筋を電流が駆け抜けて、身体がぞわぞわっとして、力が抜ける。
 僕は慌ててフェンスにしがみついた。危うく屋上から落ちて、本懐を遂げてしまうところだった。
「どうせ死ぬなら、死体を私にちょうだい。食べるだけ食べたら、こっそり埋めてあげる。でも、ここで死ぬのはだめ。警察に持って行かれてしまうから。死ぬなら……、そうね、地下室とか山奥とか、人目に付かないところがいい」
「食べたいの? 僕を?」
「うん、すごく」
 彼女は笑った。ガラス玉に感情が染み出して、ようやく人間なのだと思えた。そして、そんな彼女は、すごく魅力的な少女だった。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

死にたがりの赤ずきんと気の長い狼の迂遠な関係-ゼロ



『ゼロ。』

 授業中の教室を抜け出すと、耳鳴りがした。
 教室では、偉そうな上がり調子の教師の声が、結構耳障りだったものだけど、もうほとんど聞こえない。
 半端な進学校で、生徒たちもほどほどに真面目なこの学校は、いわゆる不良や学級崩壊とは縁が薄くて。二限目の真っ只中に廊下を歩く不届きものは、今のところ、僕だけらしい。
 静かだ。本当に静かだ。
 それにしても。
 千人近くの人間がいるくせに、聞こえてくるのは精々二十に満たない大人の声。授業という時間の間、子どもたちは死んでいる。教師が読み上げる教科書は、きっとお経か聖書なんだ。
 そのどちらにしても、無宗教な不信心者にとっては大差なく、ただ何となく、その黴臭さと胡散臭さで気を滅入らせるだけの代物だ。ありがたがる人も、いるのだろうけど。
 僕はそんな線香の香りさえ漂ってきそうな音声の羅列に背を押され、一路屋上を目指していた。機嫌は悪かろう筈もない。なにせその線香臭さときたら、今の僕の心境に、ぴったり合致しているのだ。
 ホップ、ステップ、ジャンプ。ちゃー、しゅー、めん。ほー、ちー、みん、いず、さのばびっち。
 スカートがめくれるのも気にしないで、上機嫌に、そして軽快に。僕は色んなリズムで階段を跳ね上がる。夏なのに厚着な僕は、もう汗だく。だけど、そんなこも気にしないのだ。
 ざまあみろ! 僕は生きてる!
 隠し持ってた屋上の鍵。扉を開けたらそこは天国だ。
 その日、僕は屋上のフェンスの外側で、誰もいない砂だらけの校庭を見下ろした。


テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

萩原間九郎

Author:萩原間九郎
スオムス文庫やってます。

ご意見感想その他何かありましたら、以下のアドレスか、メールフォームをご利用ください。

hanzou.oohara鼎gmail.com
(鼎を@に変えてください)

管理画面

来客数
Twitter
スオムス文庫目次

クリックするとSSのリストが開きます。

※印のついているものはR-18です。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

リンクに間違っている箇所がありましたら、お手数ですがお知らせお願いします。

【スオムス文庫@501】

【スオムス文庫@502】

【スオムス文庫@504】

【スオムス文庫@いらんこ中隊】

【スオムス文庫@スオムス】

【スオムス文庫@その他】

【スオムスいらん子中隊涙する】

【Strike Witches 1947 - Cold Winter -】

【学パロ】

【各種サンプル(ストライクウィッチーズ)】

【死にたがりの赤ずきんと気の長い狼の迂遠な関係】

【オリジナル】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。