スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燎原の火(C76九鼎ハニーサンプル)

燎原の火サンプル
※画像は印刷時のイメージです
 諸事情によりいくつかの漢字がカタカナ表記になっています



一九四年夏、曹操は徐州の民十数万を虐殺した。
兗州に動揺が走り、張邈も揺れた。
曹操の親友だなどと言われているが、そんなものは周りが勝手に言っているだけだ。自分は少し目をかけられているに過ぎない、ただの部将である。
曹操は、兗州を手にするために劉岱と鮑信を殺したと言われている。どちらも青州黄巾と戦って死んだのであって、下らない噂だ。
だが、曹操の底知れなさと、異質さ。それを間近で見せられてきた張邈は、その噂が心に引っかかり続けている。
怖い。裏切ることも、出奔することも出来ない。地の果てまで追い詰められて、無残な殺され方をされるに決まっている。
だからこの時、張邈は陳留を固めて反乱に備えた。忠義を尽くす限り、自分の命は保障されると思ったからだ。
「陳宮、城の防備はどうなっている」
城壁に登り、陳宮にたずねた。兗州で一斉に蜂起が起きたという報告を受けていた。同調しないとなれば、城外は叛徒で満ち溢れるだろう。
「万全です。これなら、いつ攻められても守りきれます」
「ならば良い」
「今頃、鄄城では大騒ぎでしょう」
「流石に、鄄城が背くことはあるまい。曹操殿の根拠地であるし。なにより、あの荀が守っている。我々はここ、陳留を守ることに腐心すればいい」
 陳宮は地平線をまっすぐに見つめている。どこか毅然とした風であり、張邈は気圧されるような気分になった。
「張邈殿は」
「ん」
「この檄文をご覧になりましたか」
「檄文だと」
 そう言って陳宮は懐から絹を巻いたものを取り出し、張邈はそれを受け取った。鼻で笑いながら読んでいたが、最後に書かれた名を見て目を疑った。あるはずのない名。張邈。自分の名がそこにある。
 血の気が一気に引いた。膝が震え、歯がかちかちと音を立てている。
「ど、どういうことだ」
「見ての通りです。この反乱は張邈殿の名の下に起こったものなのですよ」
「陳宮。貴様、まさか」
「今。ここで私の首を取られても無駄なことです。どう言い訳しても、貴方は曹操に殺される。いや、その前に逆上した叛徒に殺されるかもしれませんな」
「…」
「貴方の生き残る道は唯一つ。殺される前に、曹操を殺すことです。お分かりでしょう」
 張邈は、崩れ落ちた。



スポンサーサイト

テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

萩原間九郎

Author:萩原間九郎
スオムス文庫やってます。

ご意見感想その他何かありましたら、以下のアドレスか、メールフォームをご利用ください。

hanzou.oohara鼎gmail.com
(鼎を@に変えてください)

管理画面

来客数
Twitter
スオムス文庫目次

クリックするとSSのリストが開きます。

※印のついているものはR-18です。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

リンクに間違っている箇所がありましたら、お手数ですがお知らせお願いします。

【スオムス文庫@501】

【スオムス文庫@502】

【スオムス文庫@504】

【スオムス文庫@いらんこ中隊】

【スオムス文庫@スオムス】

【スオムス文庫@その他】

【スオムスいらん子中隊涙する】

【Strike Witches 1947 - Cold Winter -】

【学パロ】

【各種サンプル(ストライクウィッチーズ)】

【死にたがりの赤ずきんと気の長い狼の迂遠な関係】

【オリジナル】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。