スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スオムス文庫 クルマル-1-9『妬く』

 自分で言うのも何だが、私は世話好きだと思う。
 JG52の時も、502の時も、そして現在も。何かと年下の子の面倒を見ている気がする。
 それを苦痛に思ったことはないし、むしろ楽しいくらいだ。
 だから、こういう状況は正直言って面白くない。
「伯爵、そこの胡椒取ってくれ」
 私が手を伸ばすと、テーブルの上の胡椒は横から伸びた手にさっと狩っ攫われた。
 そして客人のライーサ・ペットゲンが、にこにこと笑いながらティナに胡椒を差し出している。
「はい、ティナ。胡椒です」
「お、すまんな」
 私は顔こそ笑っているものの、心中穏やかではいられない。
 ティナの世話は私の役目だというのに。
「あ、そこのザ」
「はい、ザワークラウトです。こぼさないでくださいね」
 ライーサはまるでティナの心が読めているようだ。
 ああ、白状する。情けない話だが、私は嫉妬している。
 ライーサがティナに抱いている感情は私のものとは全く違う。だから、私とティナとの関係に影響を及ぼすことはない。
 そんなことくらいわかってる。
 でも平静じゃいられないんだよ。
 私よりずっと長くティナと一緒にいて、ティナをずっとずっとよく知っている人間が、今まさに目の前で、その差を披露してくれている。
 ティナの求めに応えることでは誰にも負けないと思っていたのに、求めるより先に応えてしまうなんて、反則もいいところじゃないか。
「あの時のケイの顔、お前も覚えてるか?」
「それよりもマチルダの顔の方が印象に残っています。あんなに大笑いすることないのに」
「それもそうだ!」
 話題もさっきからアフリカのことばっかりだ。
 私は笑顔で相づちを打つのに終始している。笑顔を保つのも楽じゃない。話がわからないのは、調度良かった。

「それではお邪魔しました」
「ああ、また来い」
 ティナ、お願いだからそんな名残惜しそうな顔しないで。
 私はライーサが扉の向こうに姿を消すまで、なんとか笑顔でいられた。
 正直泣き出しそうな気分だ。
 劣等感と敗北感。ここまで打ちのめされたことは今までに無い。
 ふらふらとする脚で踏ん張って、なんとか居間にたどり着くや、私はソファに腰を落とした。
 もう笑う余力も残っていない。
「は、伯爵……?」
 やめて。今は何もしたくないんだ。
「どうしたんだよ……。ライーサと何かあったのか?」
 私は黙って首を振った。
 何も無いさ。あった方がずっと楽だったろうけどね。
 ティナは黙って私の横に座った。
 困った顔をしているのは見なくたってわかる。
「具合、悪いのか?」
 下瞼が重い。隈でも出来ているんじゃないか。
「薬持ってこようか?」
「いらない」
「それとも先に何か飲むか?」
「いらないってば!放っておいてくれ!!」
 ティナが顔をひくつかせた。
「ど、どうしたんだよお前……?変だぞ」
「元からさ」
「そりゃいつも変だけど……。じゃなくて、今日は、その、ええと……ああ、もう!!」
 顔が柔らかいものに埋まった。温かくて、いい匂いがする。それがティナの胸だって言うことに、なかなか気づけなかった。
「なぁ、言ってみろよ……。何があったんだ?」
 頭の上から声が降ってくる。心配してくれてるのかな。
 私は黙った。流石に言えるわけがない。
「言うまで離してやらないから」
「……じゃ、しばらくこのままでいいかな」
「お、おい!」
 温かい。
 ティナがなんか言ってるけど、寝てしまおう。
 今日は、疲れたから。



スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩原間九郎

Author:萩原間九郎
スオムス文庫やってます。

ご意見感想その他何かありましたら、以下のアドレスか、メールフォームをご利用ください。

hanzou.oohara鼎gmail.com
(鼎を@に変えてください)

管理画面

来客数
Twitter
スオムス文庫目次

クリックするとSSのリストが開きます。

※印のついているものはR-18です。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

リンクに間違っている箇所がありましたら、お手数ですがお知らせお願いします。

【スオムス文庫@501】

【スオムス文庫@502】

【スオムス文庫@504】

【スオムス文庫@いらんこ中隊】

【スオムス文庫@スオムス】

【スオムス文庫@その他】

【スオムスいらん子中隊涙する】

【Strike Witches 1947 - Cold Winter -】

【学パロ】

【各種サンプル(ストライクウィッチーズ)】

【死にたがりの赤ずきんと気の長い狼の迂遠な関係】

【オリジナル】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。