スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Gräfin』(SC51サンプル)

 ハルトマンがJG52に配属され、早くも3ヶ月が経過していた。この間の出撃では、撃墜数を上げることはおろか、長機についていくのがやっと。それでもハルトマンは才能の片鱗を見せており、ロスマンやダンマースといった先任の曹長達は、密かにこの新人の将来を楽しみにしていた。
 そんなある日のこと。
 何気なく廊下を歩いていたハルトマンを、疲れた顔のロスマンが呼び止めた。
「少尉、ちょっといいかしら」
「あ、曹長」
「エディータでいいわ。それより、お願いがあるのよ」
 てっきり前回の出撃で何かミスがあったのかと思ったが、そうではないらしい。
「同じ中隊に、クルピンスキー少尉っているでしょう?彼女の僚機をやって欲しいのよ」
 ハルトマンは首をかしげた。
 おかしな話だ。僚機と長機は完全に固定されているわけではない。確かに、ある程度固定されている方がやりやすいのは事実だが、シフトの都合もあれば、新人が一人の長機につきっきりでしか学べないというのは視野を狭める危険もある。実際、ハルトマンもロスマンの他に、ダンマース曹長やグリスラウスキー中尉といった、タイプの違うベテランの僚機として何度も飛行していた。
「彼女は経験が豊富だし、教えるのも上手い。当然技量もトップクラスよ。きっとあなたにとっていい経験になる」
「はぁ。でも、お願いされるほどのことでもないと思うんですけど……」
「うーん、そうなんだけど……。その、ついて行けないのよ、誰も。なんせ彼女、ダイナモだから」
「ダイナモ?」
「そう、発電機。出撃から帰ってすぐにストライカーを履き替えて、疲れはててる僚機を後に出撃なんてしょっちゅう。その上、タフな状況に好んで突っ込んでいく悪癖もあるものだから、もうみんな嫌がってしまって」
 ハルトマンはこの部隊に配属された日の事を思い出した。
 あの時はマルセイユも一緒だったが、その日、クルピンスキーは火を噴いたストライカーで、凄まじい音を響かせながら不時着した。まず助からないだろう。二人の新人が血の気を失った顔で事故現場から目を離せずにいると、当事者は炎の中を悠然と立ち上がり、こやかに自己紹介してこう付け加えたものだ。今度遊びに連れていってあげるよ、と。これには色々な意味で度肝を抜かれた。
「本当は体格的にも性格的にも、マルセイユ少尉が適任だと思っていたのだけど、彼女は転属になってしまったし……。私も体力的にはまず無理だから、あなたしか残っていないのよ。やってもらえないかしら……」
 ふたつ返事で頷いた。自分がやらなければ、ロスマンが無理してでも僚機をやるだろう。だが、”パウラ”ロスマンは昔に患った病気のせいで、他の魔女のようなドッグファイトに耐えられないのだと言う。無理に無理を重ねたロスマンが身体を壊すという事態は、ハルトマンにとって耐えられるものではない。
 それに、クルピンスキーというウィッチにも興味があった。何にせよ、自分はヒヨッコなのだ。戦っていくためには、誰からでも学べるものは学んでおかなくては。
 ほっとした顔のロスマンと別れたハルトマンは、その足でクルピンスキーを訪ねた。
「おや、ハルトマン少尉。珍しいお客さんだね。ま、かけなよ」
 宿舎で優雅に読書するクルピンスキーは、まさに”伯爵”のあだ名通り、『気品らしきもの』があった。
「お邪魔します」
「いいよ、気にしないで。何かご用かな?」
 本から目を上げず、クルピンスキーは聞く。
「ロスマン曹長から、少尉の僚機をやるように言われてきました」
「私の?君がかい?」
 クルピンスキーは驚いたように本から顔を上げ、ハルトマンを見つめた。
「ふぅん。確か君はここに来て3ヶ月くらいだったね。撃墜数は2機だったか3機だったか…」
「え、ええ、まぁ……」
 一緒に飛んだこともない新人の戦績をよく覚えているものだ。ハルトマンは密かに尊敬の念を抱いた。
「まぁ、エディータの推薦なら間違いはないか。いいよ、わかった。よろしく頼むよハルトマン少尉」
「あ、よ、よろしくお願いします!」

 この新しいペアの初出撃は、早くも翌日に訪れた。






2011年4月16日のSC51に出すSSのサンプルです。場所はBカ04b。ご縁がありましたら手にとってくださると嬉しいです。


スポンサーサイト

テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩原間九郎

Author:萩原間九郎
スオムス文庫やってます。

ご意見感想その他何かありましたら、以下のアドレスか、メールフォームをご利用ください。

hanzou.oohara鼎gmail.com
(鼎を@に変えてください)

管理画面

来客数
Twitter
スオムス文庫目次

クリックするとSSのリストが開きます。

※印のついているものはR-18です。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

リンクに間違っている箇所がありましたら、お手数ですがお知らせお願いします。

【スオムス文庫@501】

【スオムス文庫@502】

【スオムス文庫@504】

【スオムス文庫@いらんこ中隊】

【スオムス文庫@スオムス】

【スオムス文庫@その他】

【スオムスいらん子中隊涙する】

【Strike Witches 1947 - Cold Winter -】

【学パロ】

【各種サンプル(ストライクウィッチーズ)】

【死にたがりの赤ずきんと気の長い狼の迂遠な関係】

【オリジナル】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。