スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人にしない

 白い雲が、青空をゆったりと泳いでいる。
 空にいるのはふたりだけ。
 エーリカとロスマンは、気が抜けたように溜息を吐いた。
 小型ネウロイ多数出現。その報せを受けて慌てて基地飛び出したものの、現場は平穏そのものだった。
 よくあることとは言え、私の緊張を返せと、経験の浅いエーリカは思う。
「……いないね」
「まぁ、戦わずに済むならそれに越したことはないけど……」
 そう言いつつ、ロスマンはしきりに周囲を警戒している。油断が死に直結することを、数多の経験を通して知っているからだ。
 しかし、エーリカはそうはいかない。
 何分新人でもあるし、知識として知ってはいても、中々それがついてこない。
 だからこの時、
「……フラウ!後ろ!!」
 ロスマンが上げた叫び声に、とっさに反応できなかったのも、無理のないことだった。
「えっ……」
 振り向こうと動いたエーリカを、数条の光の線が襲った。
 咄嗟の反応で体を捻り、直撃こそかわしたが、光線は右足のストライカーを貫いていた。
 数度の小さな爆発の後に機能を停止し、エーリカの細い足から、するりと抜け落ちるMe109。地面に落ちる寸前に爆発を起し、破片を撒き散らした。
「フラウ!!」
「うわっ!うわわわっ」
 ネウロイの姿を確認するどころの話ではなかった。片足でバランスを取ることに集中し、なんとか緩やかに下降していく。
「大丈夫!?」
「な、なんとか!」
 顔を真っ青にしたロスマンが、エーリカの横に並ぶ。
「あなたはそのまま着陸に集中して。ネウロイからは私が守るから」
 ネウロイの動きは相当に速く、急上昇と急降下を繰り返し、降下の度に攻撃を仕掛けてきた。
 まるでロスマンがエーリカから離れられないのを見越しているかのように、執拗な攻撃が繰り返される。
 ロスマンはエーリカに身を寄せ、必死にシールドを展開していた。
 打ち返す余裕など、あるはずもない。
 ロスマンの顎から汗の粒が滴る。
「エディータ!」
「いいから!着陸に専念して!」
 エーリカが無事に着陸出来れば、やりようはある。今は耐える時だった。

 速度を落とし、ふわりと風に乗るようにしてエーリカは着陸した。幸い、怪我はない。
 そのすぐ横に、荒く呼吸を繰り返すロスマンも降りた。
「ふぅ……」
 額の汗を拭うロスマン。エーリカは恥ずかしそうに、
「エディータ」
「ん?」
「ありがと」
 ロスマンは微笑で答えた。
 だが、今はまだ、礼を言うには少々早い。
「あいつ、どこ行ったの?」
 しつこくこちらを狙っていたネウロイが、突然どこかへ行ってしまった。
 粘り負けしたのか、それとも戦術を変えたのか……?とにかく墜していない以上、こんどこそ油断出来ない。
 それに、あまり考えたくはないが、敵があの1機だけとは限らないのだ。
「エディータは先に帰って」
 だからそんなエーリカの願いを、ロスマンが聞き入れるはずもない。
「よい、しょっと……」
 銃のストラップを肩にかけ、ロスマンはエーリカを抱え上げた。
「……これやだ」
「?どうして?」
 顔を赤くしてもがくエーリカ。
「やっぱ私は迎えが来るまでここにいるよ。ストライカーだって方っぽ残ってるし……」
「危険だからダメ。ちゃんと長機の指示には従いなさい」
「でも」
「はい出発」
「ちょっとエディーター!!!」
 飛び上がりはしたものの、流石に普段どおりの機動というわけには行かない。ロスマンは周囲を警戒しつつ、ゆっくりと空を飛ぶ。
 この状態で襲われると一溜まりもないわけだが、エーリカは何故か安心してしまっていた。
「なんだか散歩してるみたい」
 つい口をついてでた、緊張感のかけらもない言葉。
 ロスマンは苦笑しながらも、叱ることはしなかった。


スポンサーサイト

テーマ : 自作小説(二次創作)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩原間九郎

Author:萩原間九郎
スオムス文庫やってます。

ご意見感想その他何かありましたら、以下のアドレスか、メールフォームをご利用ください。

hanzou.oohara鼎gmail.com
(鼎を@に変えてください)

管理画面

来客数
Twitter
スオムス文庫目次

クリックするとSSのリストが開きます。

※印のついているものはR-18です。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

リンクに間違っている箇所がありましたら、お手数ですがお知らせお願いします。

【スオムス文庫@501】

【スオムス文庫@502】

【スオムス文庫@504】

【スオムス文庫@いらんこ中隊】

【スオムス文庫@スオムス】

【スオムス文庫@その他】

【スオムスいらん子中隊涙する】

【Strike Witches 1947 - Cold Winter -】

【学パロ】

【各種サンプル(ストライクウィッチーズ)】

【死にたがりの赤ずきんと気の長い狼の迂遠な関係】

【オリジナル】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。