スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死にたがりの赤ずきんと気の長い狼の迂遠な関係―ニ




『ニ。』

「三橋亜留(ミハシアル)」
 僕がそう名乗ると、彼女は、
「佐宮間由岐(サクマユキ)」と応えた。
 僕は軽く驚いた。聞き覚えのある名前だったから。
「同じクラス?」
 朝礼で教師が名前を読み上げて、出席を取る。その中に当然僕の名前があるし、佐宮間由岐という名もあった。
「知らなかったの?」
 佐宮間はにやりと唇を歪め、不気味に笑った。寒気を覚えるような、妖怪じみた笑顔なのに、どことなく妖しい魅力を感じさせるのだから、美人はずるい。しかも、身長は高いし胸は大きいし。僕など今だに小学生と間違われるというのに。十五センチはあるんじゃなかろうか、身長差。
「人の顔、あんまり覚えられないから」
 悔しさを滲ませないよう感情を抑えながら、僕は呟いた。
 僕は高校入学と同時に県外から引っ越してきたクチで、知り合いはおらず、したがって知り合いの知り合いも、そのまた知り合いもいない。そうなると誰々の知り合い、というようなタグを着けて覚えるわけにはいかず、結構覚えづらい。よく話しかけてくれる人くらいは覚えておきたいものだけど、集団行動が苦手な僕にとっては負担の大きすぎる作業だ。
「もう七月なのに。イベントもあるし、そろそろ覚えておいた方がいいんじゃない?」
 そう言われても、めんどっちいものはめんどっちい。
「ま、おいおいね」
 当たり障りなく答えておく。覚える気はあるのだ、覚える気は。ただめんどっちいだけで。
 それから、僕は佐宮間から質問責めにされた。
 なぜ今の季節でも長袖で、タートルネックのインナーで、ストッキングを履いているのか、という至極もっともな疑問から始まり、身長体重スリーサイズ、中学時代の成績、趣味、家族構成、自殺未遂の遍歴と、聞かれたことにはとにかく答えさせられた。聞かれなかったことは、言わなかったけど。
 無論、黙秘する権利はあった。言いたくないことも。だけど、このガラス玉の瞳にみつめられると、僕は逆らえなくなって、口を開いてしまう。
 何故だろう?
 決まってる。僕は佐宮間が怖いんだ。自殺癖に慣れて以来、死んだら死んだでその時だと思い定めていたけれど、僕を、僕の死体を食らいたいという欲求をぶつけてきた彼女に、動物としての本能が恐怖を感じているのだ。
 でも、僕は逃げない。あのとき以来、少しばかりねじれてしまった僕の理性が、佐宮間に興味を持っている。死んだ僕の抜け殻を、彼女の食膳に供してやっても良いと本気で思っている。逃げ出してしまうのは、もったいなかった。
「何故こんなことを聞くの?」
 あらかた答え終えた後で、今度は僕が質問をした。たくさんたくさん、佐宮間の質問に答えてあげたのだ。一個くらい、質問しても許されるだろう。
「……そうね」
 佐宮間は答えに窮したらしかった。遠くの空を見て、僕を見て、また空に視線を戻した。
「昔ね、全然美味しくなかったんだけど、ずっと忘れられない味があったの。それをもう一度食べたくて、色んなものを、色んな食べ方で試してみたけど、どれも駄目。同じ味にならないの。だから、あのときと同じ気持ちになればもしかしてと思って。そのために、必要だったから」
「ふうん」
 わかったような、わからないような答えだ。
 なんと言葉を繋ぐべきか、思案している僕の腕を、佐宮間は掴んだ。そしてぐい、と顔を近づけ、
「もっと教えてね。あなたのこと、知らないことがないくらいに」
 くらくらするような微笑みを浮かべた。
 僕は頷くことしか、できなかった。


スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩原間九郎

Author:萩原間九郎
スオムス文庫やってます。

ご意見感想その他何かありましたら、以下のアドレスか、メールフォームをご利用ください。

hanzou.oohara鼎gmail.com
(鼎を@に変えてください)

管理画面

来客数
Twitter
スオムス文庫目次

クリックするとSSのリストが開きます。

※印のついているものはR-18です。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

リンクに間違っている箇所がありましたら、お手数ですがお知らせお願いします。

【スオムス文庫@501】

【スオムス文庫@502】

【スオムス文庫@504】

【スオムス文庫@いらんこ中隊】

【スオムス文庫@スオムス】

【スオムス文庫@その他】

【スオムスいらん子中隊涙する】

【Strike Witches 1947 - Cold Winter -】

【学パロ】

【各種サンプル(ストライクウィッチーズ)】

【死にたがりの赤ずきんと気の長い狼の迂遠な関係】

【オリジナル】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。