スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪夢

 光は、スローモーションのように、智子の身体を通り抜けた。
 まるで、映画。何が起こったか、ビューリングが理解できたのは、数瞬の後。智子の体から、赤い液体が吹き出すのを見てからだった。
 血の気が、音を立てて引いていく。
 叫び声は上げられなかった。喉が張り付いたように、呼吸さえ、苦しい。
 魔法力が途切れ、智子の脚がストライカーから離れた。そのまま、弧を描くように、智子は落ちていく。
 ビューリングは銃を捨て、敵を捨て、落ちる智子に進路を向けた。
「智子!」
 ようやく出たのは、掠れた叫び声。
 辛うじて抱きとめた智子の身体は、驚くほどに軽かった。
 錯覚か、それとも地を失いすぎたのか。血は、今も智子の腹の真ん中から、音を立てて溢れ出している。
 ……死ぬ。智子は、死ぬ。
 腹の中心に開いた穴。治癒魔法を持つ魔女でもなければ、致命傷だ。
「智子!!」
 答えはなかった。目を閉じたまま、絶え絶えに、か細い呼吸を漏らすだけだ。
「……嘘だ」
 嘘だ。嘘だ。嘘だ。嘘だ。嘘だ。嘘だ。
 ビューリングは雪に覆われた地面に降りた。智子を横たわらせ、自分のマフラーを襟から引きぬき、傷口に押し当てる。マフラーはみるみるうちに真紅に染まり、やがて、無駄な抵抗と笑うように、その上から血を溢れさせ始めた。
「智子ぉ……」
 涙が、溢れ出す。恥も外聞もなかった。
 死なないでくれ。生きてくれるなら、何でもする。
 いくら願っても、智子の血は止まらない。
 今、ビューリングにできることは、嗚咽を漏らしながら、智子の名を呼び続けることだけだった。
「……バカ」
 弱々しい罵声。ビューリングは弾かれたように顔を上げる。
 智子と視線が交わった。
「行きなさい、よ」
 澄んだ瞳が、ビューリングを見据える。智子の表情には、苦痛と諦念が浮かび、死への恐れはない。本当に美しいと、ビューリングは思った。
「あんたまで、抜け、たら……。あの子たちじゃ、無理……。おね、がい……。行って……」
「お、お前を置いてはいけない」
「馬鹿……ッ」
 智子の手が、弱々しくビューリングの襟を掴んだ。
「助け、なさいよ……! 仲間、でしょ……!?」
「お前だって、仲間だ……」
「お願い……。動け、ないのよ……。おね、がい……。あの子たちを、守って……」
 お願い。お願い。
 そう繰り返す智子の目から、涙が溢れる。
「おねがい……。じゃないと、しんでも、しにきれない……っ」
 搾り出すような声。胸がしめつけられる。
 ビューリングは意を決し、智子の手を握った。氷を握ったのではという冷たさに、決心が揺らぎかける。ビューリングはやっと一言、
「……わかった」
 そう、搾り出した。智子がほっとしたような笑みを浮かべる。
「絶対、絶対に戻ってくる。だから、それまで、頼む。生きていてくれ、智子……!」
 ビューリングは飛び去った。
 智子は焦点の合わない目でそれを見送り、
「死にたく、ないなぁ……」
 諦めたように、笑った。

「……っ!」
 ビューリングは跳起きた。
 ここは、宿舎のベッドだ。あたりはまだ暗い。時計の秒針と、仲間の寝息だけが、わずかに室内に反響していた。
「……夢」
 目を拭う。袖が濡れた。寝ながら、泣いていたらしい。体中汗だくで、喉はカラカラだった。
「……智子、そうだ、智子は」
 自分のベッドを飛び降り、隣のベッドを覗き込んだ。
「う、ん……」
 悩ましい声で、寝返りをうつ智子。
「生きてた……。智子……!」
 ほぼ反射的に、ビューリングは智子に抱きついた。
「ぎゃあ!」
 智子が叫び声を上げる。
「智子……っ」
「ちょっ!? 何!? 何なの!?」
「生きてた……。智子ぉ……」
「やめーっ!!?」

スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩原間九郎

Author:萩原間九郎
スオムス文庫やってます。

ご意見感想その他何かありましたら、以下のアドレスか、メールフォームをご利用ください。

hanzou.oohara鼎gmail.com
(鼎を@に変えてください)

管理画面

来客数
Twitter
スオムス文庫目次

クリックするとSSのリストが開きます。

※印のついているものはR-18です。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

リンクに間違っている箇所がありましたら、お手数ですがお知らせお願いします。

【スオムス文庫@501】

【スオムス文庫@502】

【スオムス文庫@504】

【スオムス文庫@いらんこ中隊】

【スオムス文庫@スオムス】

【スオムス文庫@その他】

【スオムスいらん子中隊涙する】

【Strike Witches 1947 - Cold Winter -】

【学パロ】

【各種サンプル(ストライクウィッチーズ)】

【死にたがりの赤ずきんと気の長い狼の迂遠な関係】

【オリジナル】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。