スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットゴッコ~九回裏


 わん。
 エイラは鳴いた。
 ……いや、鳴かされた。
 首には、銀の鎖がついた、赤い首輪。鎖は長く伸び、その端が、細く小さな指に握られていた。
 わん、わん。
 目に涙を溜め、ぷるぷると身体を震わせながら、エイラは鳴いた。
 剥き出しの、裸の尻には、赤い手形がついている。その大きさは、ちょうどサーニャの手のひらと、同じくらいだった。
 朝、エイラが目を覚ましたとき、すでにこの状態だった。裸で、首輪を着けられて、サーニャに鎖を握られていた。
 わけを聞こうとして、尻を叩かれた。何を言うことも許されず、わん、わん、と鳴くことを強制された。
 当然、立ち上がることも許されない。四つん這いだけが、エイラの取っていい姿勢だ。
 サーニャはにこりともせず、床に這いつくばるエイラの頭を撫でた。
 わん、わん。
 せめて服を着させて欲しいと願いを込めながら、エイラは鳴いた。
 通じるはずもない。
 サーニャは眠たげな顔で、見下ろすだけだ。
 どうして、こうなったのだろう。私は、サーニャに何かしたのだろうか。
 わんわんと鳴き声をあげながら、エイラは悩んだが、答えはでない。
 それもそのはず。何かをした、という時点で間違っていた。だから、正解にたどり着けようはずもない。
 エイラは、何もしなかったのだ。
 何もしなかったから、こうなっている。
 ぱあん、と弾けるような音が響いた。
「ぎゃう……!」
 呻きとも、悲鳴とも着かない声が、エイラの口から漏れた。
 尻に、新たな手形がスタンプされていた。
「隠しちゃ駄目」
 諭すように、サーニャが囁く。
 無意識で胸を隠そうとしたためだと、エイラはようやく気がついた。
 犬は身体を隠さない。とはいえ、エイラは犬になりきれていなかった。裸はやはり、恥ずかしい。
 むずむずする感覚を覚えながら、次は何を怒られるのだろうと、不安げな視線をサーニャに向けた。
「……?」
 サーニャはエイラの意図が分からず、首をひねる。ややあって、何かを思いついたように、ぽん、と手を叩いた。
「ご飯ね。少し待ってて」
 どうしてそうなったのか、まったくわからないエイラを置いて、サーニャは部屋を出て行った。がちゃん、と鍵がかかる音がする。
 いつの間にか、鍵は外からかけられるようになっていた。それだけでなく、室内側も鍵穴になっており、内側から開閉するにも鍵が必要だった。
 こんな仕掛けをいつの間に……。
 何気なく窓に視線を向け、エイラはぎょっと目を見開いた。
 窓には、頑丈な格子がはまっていた。
「!? ……!?」
 ぞわり、と寒気がエイラの背筋を走る。
 もう二度と、この部屋から出られないのではないか?
 恐々とするエイラの元に、サーニャが戻ってきた。
 手にしているのは、丸い皿一枚。ワンプレートと言えば聞こえはいいがフォークやスプーンがついていないあたり、それの意味するものは明白だった。
「はい、召し上がれ」
 目の前に置かれた皿に、エイラは顔を近付けた。
 手を使わず、はぐはぐと、皿の上の食材を口にしていく。わずかに尻を上げる体勢になり、一層情けない格好だった。
 サーニャは、満足そうにその光景を眺めていた。
 食後、舐めて皿を綺麗にするように『躾』されたエイラの首に、サーニャは手をかけた。
 エイラは一度、びくりと身体を震わせた後、観念したようにサーニャに喉をさらす。
 サーニャは首輪を外した。
「エイラ。そろそろ準備しないと、遅れてしまうわ」
 そう呟いて、スオムスの軍服を手渡す。
 エイラは困惑しながら、それを受け取った。
「また、帰ってきたらやろうね」
 楽しそうに、それは楽しそうに、サーニャは微笑んだ。
 寒気とはまた違う、ぞくぞくとしたものを感じながら、エイラは逃げられないな、と心の中で、呟いた。


スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩原間九郎

Author:萩原間九郎
スオムス文庫やってます。

ご意見感想その他何かありましたら、以下のアドレスか、メールフォームをご利用ください。

hanzou.oohara鼎gmail.com
(鼎を@に変えてください)

管理画面

来客数
Twitter
スオムス文庫目次

クリックするとSSのリストが開きます。

※印のついているものはR-18です。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

リンクに間違っている箇所がありましたら、お手数ですがお知らせお願いします。

【スオムス文庫@501】

【スオムス文庫@502】

【スオムス文庫@504】

【スオムス文庫@いらんこ中隊】

【スオムス文庫@スオムス】

【スオムス文庫@その他】

【スオムスいらん子中隊涙する】

【Strike Witches 1947 - Cold Winter -】

【学パロ】

【各種サンプル(ストライクウィッチーズ)】

【死にたがりの赤ずきんと気の長い狼の迂遠な関係】

【オリジナル】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。