スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋に悩む娘は可愛いと思うがどこか親心


「まったく、呆れた」
 そう言いながら、醇子は微笑みを浮かべていた。
「……仕方がないだろう。こんなこと、今まで考えたことはなかった」
 その前で、美緒が拗ねたように、顔を横に向けた。
「ええ、そうね。美緒は自分の誕生日ですら忘れちゃうものね」
「返す言葉もないが、今回は忘れてたわけじゃない……」
「わかってるわよ、美緒が土方君の誕生日を忘れるわけがないってことくらい。それから、プレゼントを何にしようか考えすぎて決められなかったり、一週間くらいまともに寝ないで考えてたり、気付いたら明日が誕生日だったりってことも」
「待て、なぜ知っている!? 誰にも……、あ」
 顔を赤くして椅子から立ち上がり、言いかけたところで、美緒は自分が自爆したことを知った。
「あらあら、そうだったの。やっぱりねぇ」
 醇子は余裕の笑みを浮かべていた。
「……醇子」
「なにかしら」
「カマカケとは、意地が悪いとは思わないか……?」
「このくらい、鎌をかけたうちにも入らないわ。ところで、座らないの?」
「あ、ああ……。すわる……」
 美緒は腰を下ろした。
 抗議の言葉は、それ以上は出てこなかったけれども、その代わり、恨みがましい視線で無言の抗議を始めた。
 醇子はどこ吹く風で、さらりと受け流してしまったが。
「まあ、その様子じゃ中々決められないでしょうね」
 随分と近視眼的で、余裕がない。流石にそこまでは言わなかったけれども、美緒が目的を見失っているのは明らかだった。
 そもそも、美緒は不器用だ。
 あれこれと考えず、目に付いたものでも買って贈れば良い。これよりあれの方が喜ぶのではないか、とか、あちらの方が使い勝手が良いのでは、とか、そういう細かいことを、贈る前から考えるべきではない。
 自分がプレゼント、と言えるくらいの狡さも度胸もないのだし、なんだったら、候補を全部贈ってやるくらいのことをしても良いのだ。それだけの稼ぎはあるだろう。それは極端な例としても、ごちゃごちゃと考え込むくらいなら、そうした方がずっと美緒らしい。
 自分を見失って、思い詰めて。それで良い結果を出せた試しがないというのに。不器用なことだが、美緒は全然学んでいなかった。
 ため息が出る。まったく、ため息がでるほどに。
「可愛いんだから……」
 拗ねた美緒の頬は、心なしか、膨らんで見えた。

「それで、何を贈ろうと思ったの?」
 ため息混じりに、醇子は本題に入った。
 一途さをこじらせた美緒をからかうのは楽しいが、だからといって、それで一日を終える気はない。忙しい中、どうにかスケジュールを調整して休みまで取ったのだ。それだけでは、少し物足りないものがある。
「む……」
 美緒が、視線を向けた。多分に警戒の色が含まれている。醇子は苦笑して、
「悪かったわ。もうからかわないから」
「別に、気にしてはいない」
「うん」
「ただ、本当に困ってる」
「うん、うん」
「ちゃんと聞いてくれるか?」
「もちろん。そのために来たんだもの」
「そうか、じゃあ……」
 と言って、美緒は考えたものを並べ立て始めた。
 それはよくもまあこんなに、と思えるほどの数で、醇子は二十個まではちゃんと覚えていたけれども、それ以降は良さそうなものだけ記憶に留めておいた。
 主なものとしては、ネクタイ、シャツ、浴衣、時計といった実用的なもの、旅行のような形のないもの、それから、料理とも言い出したので、それだけは止めておいた。
「いい、美緒。料理だけは駄目。あなたが本当に将来のことを考えているなら、料理だけは絶対に駄目よ」
「なんで二回も……」
「なんでもよ」
 この時の醇子の顔には、鬼気迫るものがあったという。
「だ、だがな、醇子」
「駄目だったら」
「最近発見したんだが、茶碗一杯分のおにぎりをビー玉サイズまで圧縮できる方法が」
「……誕生日に兵糧丸贈ってどうするのよ」
 土方は美緒の手作りなら何でも喜ぶだろうが、誕生日に戦国時代の携帯食が贈り物というのは、いくらなんでも豪快すぎる。
 どうせなら米だけでなく精力のつくものも一緒に握れば良い。一粒で一晩動けるくらいの。
「とにかく、料理は駄目だからね」
「む。じゃあ、何がいいんだ……」
 肩を落としつつ、悩む美緒。
「装飾品も小物も、なんかありきたりな気がしてなぁ」
 それは、美緒の料理に比べればそうだろう。
「中々、心に残るものとなると」
 料理の場合は確かに残るだろう。トラウマが。
「やはりりょ……」
「旅行!? ああ、いいわね、旅行! とってもいいと思う!」
「え、いや」
「どうせなら、二、三日と言わず一週間くらい一緒にすごしてきたら良いんじゃないかしら!」
「……む」
「土方君も疲れがたまっているだろうし、美緒とゆっくり過ごせるなら喜ぶと思うわよ」
「そ、そうかな……。でも、旅行というか、一緒に旅館行ったりはよくするし……」
 それは醇子も聞いていた。美緒が帰国する度に、二人は決まった旅館に泊まるのだという。だが、醇子の提案は、まだ終わりを見てはいなかった。
「なら、たまには別のところも良いんじゃない?」
「別のところ?」
「思い出の場所。例えば、ガリアとか」
 美緒の頬に、赤みがさした。もう一息。醇子は確信した。
「どうせ、もうすぐガリアに帰るんでしょう? なら、土方君に休暇を取らせて連れてっちゃえばいいのよ」
「む、む……」
「ガリアも大分復興もして見るところは沢山あるし、一緒に思い出深いところを歩いてみるのも趣があるんじゃない?」
「そう、かも」
「なら、決まり。それにしなさい」
 心を揺らしつつ、またあれこれと考え出しそうな美緒を見て、醇子はそう決めつけた。
 どうせ土方の都合はどうか、とか、そんなことを考えだしたに決まっているのだ。愚問である。美緒に誘われて、土方が喜ばないはずはない。あの仏頂面に汗を浮かべて、時間を工面するはずだ。
 美緒は何か言いたげではあったが、元より乗り気にはなっている。否やのあろうはずもない。
「あ、醇子」
 別れ際、夕焼けを背に負い、美緒は醇子を呼び止めた。
「その、ありがとう」
 そして、はにかんだような、礼。
「気にしないで。それより、頑張りなさい。良い思い出にしないと、お祝いにならないんだから」
「ああ、わかってる」
「ああ、でも」
「頑張り過ぎて、ハネムーンにしないように」
 まだあなたには早いわ。
 夕焼けより赤くなった美緒に、醇子はそう付け加えた。


スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩原間九郎

Author:萩原間九郎
スオムス文庫やってます。

ご意見感想その他何かありましたら、以下のアドレスか、メールフォームをご利用ください。

hanzou.oohara鼎gmail.com
(鼎を@に変えてください)

管理画面

来客数
Twitter
スオムス文庫目次

クリックするとSSのリストが開きます。

※印のついているものはR-18です。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

リンクに間違っている箇所がありましたら、お手数ですがお知らせお願いします。

【スオムス文庫@501】

【スオムス文庫@502】

【スオムス文庫@504】

【スオムス文庫@いらんこ中隊】

【スオムス文庫@スオムス】

【スオムス文庫@その他】

【スオムスいらん子中隊涙する】

【Strike Witches 1947 - Cold Winter -】

【学パロ】

【各種サンプル(ストライクウィッチーズ)】

【死にたがりの赤ずきんと気の長い狼の迂遠な関係】

【オリジナル】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。