スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スオムス文庫 アレニパ-1-2『やんくま その2』

 目を覚ますと、何故かサーシャ大尉の部屋にいた。
 夕べ、部屋に呼ばれて、お茶を飲んだところまでは覚えてる。
 そしたらなんか眠くなって……、眠く、なって……。あれっ。本当に何してたんだっけ!?
「あ!おはようございます、カタヤイネンさん」
 疑問符を浮かべまくっていると、大尉が近づいてきた。
今日の大尉は、何故かとても機嫌が良いらしい。
 ほんのり頬をピンクに染めて、朝だというのに満面の笑みを浮かべている。
 寒い朝だっていうのに、元気だなぁ。私なんてガタガタふるえて、今にもくしゃみが出そう。
「さ、早く服を着ないと風邪引いちゃいますよ。はい、お着替えです」
「あ……すみません」
 着替えを受け取り、着慣れたセーターに袖を通した。
寒いはずだ。だって何も着てないんだもの。
「コーヒー飲みますか?」
「あ、お願いします。砂糖を……」
「2コ、ですよね?」
「え、あ、はい」
 大尉はふふっと嬉しそうに笑った。
どうして私のコーヒーの好みを知っているんだろう?大尉とはこういう話をしたことなかったはずだけど……。
「はい、どうぞ」
 お礼を云って受け取り、コーヒーを口にした。美味しい。
「大尉って、コーヒー淹れるの上手なんですね」
「本当ですか?カタヤイネンさんに褒めていただけると、とても嬉しいです」
 大尉の笑顔が眩しい……。
でも、そろそろ現実に戻らないと、その、なんていうか、マズイ気がする。
「あの」
「なんでしょう」
「私、なんで大尉のベッドで、しかも裸で寝てたんでしょう」
「なんでだと思います?」
 突然大尉の雰囲気が一変した。
表情も口調も声も、私に近づいた大尉の顔には、変わったところが見られない。
 ただ何故か、雰囲気だけがどす黒く変色していた。
私は思わず、ベッドに腰掛けたまま後ずさり、大尉はいつも通りの可憐な表情で、私を追い詰める。
やがて私は壁に背中を押し付けて後ろへいけなくなり、大尉も鼻と鼻がふれあいそうな程の距離で、ようやく止まってくれた。
「た、大尉……?」
「どうしてだと思いますか?カタヤイネンさん」
 大尉は早く答えろと言わんばかりに、どうして、どうしてと繰り返す。
私に聞かれても困るのだが、かと言って、大尉の望まない答えを言ってしまうと何をされるかわからない。
 なにせ、見た目はいつもどおりの大尉としか思えないのに、行動はどう考えてもいつもどおりの大尉と思えない。
真面目なのか、ふざけているのか。上機嫌なのか、不機嫌なのか。好意があるか、敵意があるのか。安全なのか、危険なのか。
これが全く分からないというのは、不気味を通り越して恐ろしい。
「……わかりませんか?」
 業を煮やしたのか、大尉は首をかしげた。微笑んだままで。
どう答えたらこの状況から逃げられるだろうかと、私の頭の中はそれで一杯で、質問に答えるどころかフリーズしてしまった。
 だが、今回は何も答えない、というのが正解だったらしい。
大尉は私の髪をさらりと撫でると、
「そろそろ朝食ですよ。いきましょうか」
 といって、手を差し出した。
私はぎこちなく頷いて大尉の手を取り、ゆっくりとベッドから立ち上がる。
大尉からは、すっかりさっきまでの怖いオーラが失せていて、どうしてかわからないながらも、私は開放された気分になった。
「カタヤイネンさん」
「は、はいっ!!」
「これから時間はたっぷりありますから。後でわかったら、ちゃんと答えてくださいね」
「はいっ!!!!」
 思わず、上ずった声で返事をしてしまい、恥ずかしい。
だが、それ以上に、大尉の言った事の意味が気になって仕方がなかった。
時間がたっぷりある、の下りは、
「今日から大尉の部屋で寝るらしいな」
 と、不機嫌な顔のカンノに言われて、あっさりと判明してしまったのだが……。



スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩原間九郎

Author:萩原間九郎
スオムス文庫やってます。

ご意見感想その他何かありましたら、以下のアドレスか、メールフォームをご利用ください。

hanzou.oohara鼎gmail.com
(鼎を@に変えてください)

管理画面

来客数
Twitter
スオムス文庫目次

クリックするとSSのリストが開きます。

※印のついているものはR-18です。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

リンクに間違っている箇所がありましたら、お手数ですがお知らせお願いします。

【スオムス文庫@501】

【スオムス文庫@502】

【スオムス文庫@504】

【スオムス文庫@いらんこ中隊】

【スオムス文庫@スオムス】

【スオムス文庫@その他】

【スオムスいらん子中隊涙する】

【Strike Witches 1947 - Cold Winter -】

【学パロ】

【各種サンプル(ストライクウィッチーズ)】

【死にたがりの赤ずきんと気の長い狼の迂遠な関係】

【オリジナル】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。