スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金の花-3

三、
 鐘河に至った一行は邑主直々に出迎えられ、意外な歓待を受けた。
 手入れの行き届いた屋敷を宿舎として提供され、歓待の宴は三夜にわたって行われた。
 無論、罠であることは疑いようがない。だがそれがどのような罠であるかまったく掴めない。一刻も早く鐘河を出るべきであるが、あの手この手で引き止められ、宿舎には監視の目が光っている。
 一行は心を休める余裕もないまま無為に時を過ごした。
 鐘河に逗留して十日がたったその日、秘かに報せがもたらされた。
「明晩の宴にて、公子遼とその一行を殺す」
 もたらしたのは、邑主の妹である金明である。
 金明は女でありながら武芸に長け、二〇を超えたばかりの年齢で、すでにいくつもの武功を立てていた。
「兄はこの十日で花陵方面に指令を飛ばし、兵による封鎖をしています。確実に公子のお命を奪うため、時を置いたのです」
「抜け目がないな。これでは嬰都へ戻るしかない…」
「本来は鐘河にたどり着かせることなく、道中に兵を伏せて襲う計画でした。それが突然鐘河に現れたのです。兄は慌てて兵を呼び戻したのですよ」
「そのための十日か。ご苦労なことだ」
「命を狙われれば真っ先に逃げると考えていたのですが。そこで敢えて迂路を取られるとは…流石です」
「義兄の考えよ。私一人では公子をお守りすることはできん」
 兄の金襲は宰相の狗だが、この金明は信用できる。金明ほど剛直な者は男にもそうはいない。黄家と金家は昔から交流があり、黄鮑は幼い頃から金明を知っていた。
「明日、私は兄を斬ります」
 決然と言ってのけた金明の目には、強い光がある。それが兄の卑怯を許さないということなのか、正義を行うという決意なのか、それとも他に意があるのか。それはわからない。邪悪なものはない、それだけが黄鮑に伝わってきた。
二、三段取りを確認した後金明は準備があるといって宿舎を辞し、入れ替わるようにして師諷が入ってきた。
「本当に毒殺はないのだな」
「毒であれば、師諷殿であろうと守りようがないからな。その点に関しては金明が保証した。大丈夫であろう」
毒が手に入らなかったというのだ。少量で確実に殺せるような毒薬は希少であり、さらに食事や酒に混ぜても気づかれないものとなれば非常に値が張る。じわじわと何年もかけて殺すのであれば別だが、そのような事情もあって毒殺は暗殺の手段としてはそれほど多く使われてはいない。
「となると、兵を伏せているという事になる。金明殿が金襲を斬るにせよ、それは兵らが公子を襲った後でなければただの殺しで終わる。義挙とするにはわしと栄とで公子をお守りせねばならん」
 師諷はため息混じりにそう言った。
 ただでさえ、武芸の心得がない公子を多数の兵から守るのは難しい。それに加えて、宴の場に従者が武器を携えて入ることは許されないのである。
「流石に、素手では無理だ。黄鮑よ、おぬしが任せろと言ったことじゃ。策はあるのじゃろうな」
「安心めされよ」
 そういって黄鮑は耳打ちをした。
 こうして策謀で満ちた宴が始まったのだった。
スポンサーサイト

テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩原間九郎

Author:萩原間九郎
スオムス文庫やってます。

ご意見感想その他何かありましたら、以下のアドレスか、メールフォームをご利用ください。

hanzou.oohara鼎gmail.com
(鼎を@に変えてください)

管理画面

来客数
Twitter
スオムス文庫目次

クリックするとSSのリストが開きます。

※印のついているものはR-18です。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

リンクに間違っている箇所がありましたら、お手数ですがお知らせお願いします。

【スオムス文庫@501】

【スオムス文庫@502】

【スオムス文庫@504】

【スオムス文庫@いらんこ中隊】

【スオムス文庫@スオムス】

【スオムス文庫@その他】

【スオムスいらん子中隊涙する】

【Strike Witches 1947 - Cold Winter -】

【学パロ】

【各種サンプル(ストライクウィッチーズ)】

【死にたがりの赤ずきんと気の長い狼の迂遠な関係】

【オリジナル】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。